名刺印刷で印象も変わります、名刺比較JAPAN

top > 名刺印刷について > 名刺を渡すときのマナー

名刺を渡すときのマナー

 名刺交換は、ビジネスにおいて必要不可欠なもので、自分の顔と名前を覚えてもらうための重要な道具です。このため、まず大事なことは切らさないことです。時々、忘れたとか、切らしたという場合がありますが、名刺を渡さなくてもいいほど軽く見られていると印象を悪くしてしまいます。それから、名刺交換を行う場合は、必ず立って行います。
 先方の名前が難しい場合は、名刺交換の際に読み方を確認しておかないと、後々失礼なことになりかねません。名刺を渡す、それにあわせて自己紹介を行うのは、基本的には目下の立場の人間から行うのがマナーです。しかし、自分が相手方からお金をもらう側であれば、すなわち相手が客の立場にありますので、相手の年齢にかかわりなく、自分が目下になります。また、肩書きが同じであったとしても、会社の規模や立場によって序列が定まります。

 名刺交換を終えて椅子に座った後、テーブルの上に名刺入れを置き、その上にもらった名刺を置きます。受け取った名刺は、すぐに名刺入れに直してはいけません。名刺を直すタイミングは、大体の場合、打合せや商談がほぼ終わったときにで、そろそろ打合せや商談を終わろうという合図にもなります。また、名刺交換を複数で行った場合は、机の上に、相手の席次順に並べて顔と名前を一致させると覚えやすくなります。複数で名刺交換を行う場合、役職が高い方から渡します。
 上司に同行した場合は、まず上司同士で名刺交換が行ったのを見て、部下同士で名刺交換を行います。その後、お互いの部下と上司同士で名刺交換を行います。打合せを行う人数は大体わかっているはずですので、人数分の名刺を名刺入れから取り出して準備しておく方がスマートです。名刺入れの下にある指で挟みます。上司に同行した際は、上司同士の交換が始まったら、部下同士が交換しはじめます。その後、お互いの部下と上司同士が交換します。

 名刺は、相手の顔でもありますので、名刺交換においては、気をつけるべきことがあります。まず、受け取るにあたっては、相手の会社のロゴマークの上に指を置かないようにします。また、ポケットや財布から、直接名刺を入れ、そこから取り出すのは避けたいところです。きちんと名刺入れを購入しておく必要があります。
 また、よれよれだったり、折れ曲がっていたり、汚れていたりした名刺を渡すのは論外です。また、相手から出された名刺を、片手で受け取るのも失礼に当たりますので、必ず両手で受け取ることが必要です。また、相手方から受け取った名刺の裏をメモ代わりに使うのも非常に失礼です。相手方に関して気づいたことなどをメモする場合は、退出してから行うことになります。打合せの際は、名刺をテーブルの上において話をしますので、帰りにうっかり受け取った名刺を忘れて帰らないといけません。

次の記事へ