名刺印刷で印象も変わります、名刺比較JAPAN

top > 名刺印刷について > 急ぎで名刺印刷を発注したいなら

急ぎで名刺印刷を発注したいなら

名刺印刷を急いでいるなら、ネットでの発注が便利な場合があります。
印刷業者のサイトに接続して、用意されているテンプレートから好みの種類を選び、社名や肩書き、個人名や連絡先等の必要事項を選択し、入力するだけですぐに原稿が出来上がります。
仕上がりを確認しながら、名刺作成ができるので、利用しやすいでしょう。
デザインは必要なく、文字や数字のみのシンプルな名刺で良い場合でも、書体や名刺の紙の質を選択できる業者もありますので、上質な名刺を作成することも可能です。
規定の時間内に申込ができれば、当日中の配送も受付する所もあり、翌日中には入手出来ることもあります。
既存の名刺と同じ名刺印刷をしたい場合は、保有している名刺をスキャナーで取り込み、コピーして作成してもらうことも可能な所もあります。
実店舗とサイトショップを共有している場合は、配送せずに店舗に出向いて取りに行くこともできるので、配送にかかる日数を短縮させられることもあるでしょう。



名刺印刷の業者を比較する際に役立つ

名刺印刷の業者は、インターネットで検索すると沢山ヒットします。
その中から、料金やサービスが充実している所を探した場合に一つ一つの業者のサイトにアクセスして調べていくこともできますが、その方法で調べるのはあまりに時間がかかる行為です。
つまり、オススメできません。
ではどうすれば良いのかですが、それは名刺印刷業者比較サイトを使います。
ここの比較サイトならば、一つのサイト上で複数の印刷業者を比較することができます。
複数の業者を一度に同じ比較対象で比較することができるため、容易に料金やサービスが充実している所を探すことができます。
特にまとめて名刺の印刷をしたい場合には、料金が一番気になります。
業者によって料金が異なってきますので、前述で挙げた複数の業者の料金を比較することができるサイトがあると非常に役立ちます。



名刺印刷を自分でする時のポイント

名刺印刷を自分でしようとお考えの方へお教えします。
まず、用紙を選ぶ事です。
名刺専用の用紙があるので文房具屋さんで探してみましょう。
お店によっては、紙質や厚み等を実際に触ってみて選ぶ事が出来ます。
出来るだけペラペラのものは避け、厚みのある紙を選びましょう。
色は、自分のイメージ合ったものを選ぶ事です。
真っ白なものや、クリームがかった色、それから薄いピンクやブルー等も最近では増えてきています。
それから、次は、無料ソフトをダウンロードしましょう。
用紙を購入する際、用紙メーカーが推奨しているソフトもあります。
それを利用する事で簡単に作成する事が出来ます。
また、自作をされる時のポイントには、キャッチコピー等を付ける事で、オリジナリティがあり、分かりやすい名刺を作る事が出来ます。
業者さんに依頼をしなくても安く作る事が出来ます。

次の記事へ